未分類

第2回 制作過程や現場状況(作詞・作曲・アレンジ)2

②作詞の話を聞く前に、
レコーディングの実際の現場の話を少し、いたしましょう。もしかしたら、レコーディングスタジオって、どんなところだろうとか、ジャカルタのどこのスタジオで録音したのだろうとか?興味をお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんね。
実は、きっとあなたの住んでいるジャカルタの街の傍だったりします。日本食「コスモ」のあのコンプレックスから5分ぐらいの所です。付属で、レッスンもしているようです。実際、手伝ってくれた、オペレータは、僕らのリクエストにも、何なりと応えてくれましたので、そこそこの腕を持っている彼だったと思います。読者の方で、興味がある方は、ご紹介しますよ。
 
少々、脱線しましたので、戻りますが、皆さんももしかしたら、同じ感想を持たれているかも知れませんが、サビの手前での、歌詞、歌えますか?まるで早口ことばみたいに、感じる方もいらっしゃるかもしれませんね。H2も同じでした。「Ibu、Bapak・・・」の部分です。実際歌ったことがありますか?追いついてこれましたか?すぐについてきて来れた方は、たいしたものですね。インドネシア語もだいぶ上達されている方かもしれませんね。H2もだいぶ練習しました。
 
実は、この歌を、ラグラグ会大阪支部の会員の方々が、練習して下さっていると聞きましたが、やはり、はじめは、追いついて来れなかったそうです。それで、変更の依頼があったぐらいです。実は、このラグラグ会は、ジャカルタ本部を卒業すると、日本各地で支部を作って、活発に活動しています。九州、四国、大阪や東京、北海道までですよ。すごい会です。全国で、日イ友好にも協力しているわけです。
また、各楽器の録音が終了してボーカル録りも終了した後、とりあえずの完成です。
あえて、Version1としましょう。
実はここからが、ジャカルタ音頭のバージョンアップの始まりです。
さてその後、僕らは、日本食レストランやスーパーへの依頼にまわり、店内でのBGMをお願いしてまわったという次第です。このあたりになると、もうすでに、ご存知の方もいらっしゃすかもしれませんね。2年弱前の話になるでしょうか?<つづく>
 
 
広告
標準

第2回 制作過程や現場状況(作詞・作曲・アレンジ)2」への1件のフィードバック

  1. ProjktH2 の発言:

    皆さん!コメント書き方わかりますか?分からない方のために、ご説明します。1.コメントを書きたい記事の下の「コメント」をクリック2.「名前」と「コメント」を記入3.「コメントの投稿」クリックこれで終わりです。コメント待ってま~す。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中