日記

第2回制作過程や現場状況(作詞・作曲・アレンジ)4

新春第2弾
ここで少々話は重なりますが、レコーディング当日です。
H1はのんびり、ゴルフでしたか。H2は朝から準備で、確かスタジオ入りは朝10時からでした。
各楽器の録音ですが、音源は主にキーボードからでしたから、カラオケ録りは、手間がかからず助かりました。
そして、ほぼカラオケ録りが終了の頃、真打登場です。H1が、入ってきました。間奏部の、アコーディオンのソロを聴くなり,「いいね、これ!」と話始めました。彼にとっては、始めて聴く曲全体。
また、プロ使用の機材が揃っているスタジオも、しばらくでしたでしょうから”びっくりと感激”と興奮したのでしょうね。
でもやっぱり違います。スタジオの音と自宅でのラジカセの音。ぜんぜん違います。何度来ても、いいものです。
さらに
ちょっと忘れてしまったのですが、確か数日後に、この歌を、誰かに聴いて貰いたくて、Wijayaセンター内のラーメン屋さんに、行き、流してもらおうということになり、実はマネージャー役をしてもらっているK氏といっしょに行った覚えがあります。
従業員の女の子にかけてもらった気がします。
さらに数日後、また行ったときに、歌を気に入ってもらったのか、日本人のマネージャーさんから、
「ほかにもないですか?」と尋ねられたのも覚えております。
突然ですが、
そういえば、Ver1の時の詞は、Bメロの部分が、Ver2とは、違いましたね。H1本人が覚えてるはずですが???
H2は忘れました。<さらにつづく>
広告
標準

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中