日記

地球放送局の放送を終えて

不思議な感じでした。

それは、、、自分の出番が来る前の2.3分前に、既に電話は、日本とインドネシアジャカルタは、繋がっていました。

電話越しから聞こえてくる、アナウンサーのニュースが、なぜか、とてもゆっくり聞こえてました。アナウンサーのニュース原稿を読むそのスピードがゆっくり聞こえてきたのです。

でもそのとき、自分では気がついていました。いかに自分のしゃべり方が早いか、早いというより、せっかちにしゃべろうとしていることに。

実は、それなりの台本があるわけで、念のために放送開始2時間ぐらい前から、読み直していました。ところが、、、

口の回りが悪いこと、読めると思っていた文字でつっかえたりと、自分なりにびっくりでした。

それから、読み直しを何度もしましたが、結果は、どうでしたか?それほど変わるはずもなく?

普段の仕事で慣れきっているこの話し方の悪さに気がついていませんでした。それにしても、アナウンサーの話のスピードと滑らかさには、改めて感激しました。(続く)

広告
標準

地球放送局の放送を終えて」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: ジャカルタ音頭が2006年のNHKラジオでインタビューされていた。 «

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中