未分類

地球放送局を終了後2

最後の「ジャカルタ音頭」の1コーラスが終わった頃、相棒(服部氏)より電話がありました。「やーよかったよ」という一言。上記のような精神状態の中にいた、私は、その言葉に、まずは、救われました。
実は、相棒は、結婚式の司会も楽にこなせる奴ですから、このできについては、すでにわかっているはずですが、でもやさしい言葉をかけてもらいました。「うれしい、とほほ」自己嫌悪の自分も少し救われたような気がしました(単純な奴ですね)。実は、ジャカルタの私の部屋では、この放送聞けません。短波放送でしたから。

ただ後半になって、自分の声のエコーが少しとノイズが少し入ってきました。やばいかな?と感じましたが、どうでしたか?分からないまま、インタビューは終了。電話が切れました。日本では、ジャカルタ音頭が流れる、、、そして相棒からの電話。。

 果たして反響はあるのか?ないのか?良いのか?悪いのか?今週、早々には、わかるでしょう。この放送を聴いていた人たちは、どれだけ居たのでしょうか?(9日、土曜日現在)

10日、日曜日の反響ありました。4,5名の方々からのお褒めのお言葉、とてもうれしかったです。ラグラグのメンバーからでした。というより、やはりほっとしたというのが、正直なところでした。これからもジャカルタ音頭の広報活動やっていきますよ。

興味をお持ちの方は、NHKのホームページから、放送の内容をダウンロードできます。画面の右下のほうに、ダウンロード用のアイコンがありますよ。お楽しみに。http://www.nhk.or.jp/gr/

広告
標準

地球放送局を終了後2」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: ジャカルタ音頭が2006年のNHKラジオでインタビューされていた。 «

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中