未分類

ナイアガラ音頭

地球放送局も終了して、

実はコラボレータの1人、甲斐切さんが一時日本帰国ということで、お土産を頼みました。
それは、「ナイアガラトライアングル」の
CDでした。知っている人はいるでしょうか?

知る人ぞ知る、アルバムです。大滝詠一がまだ、有名でない頃、ラジオのDJをやっていたころ、始めたプロジェクト。あの山下達郎(有名になる前)・大滝詠一・伊藤銀次の3人が集り中心になりが作り出したレコードでした。

このレコードの復刻版としてCDになっていました。この一部を買ってもらいました。
あなたは当時(
2627年ぐらい前)の彼らを知っていますか?

実は、ジャカルタ音頭のルーツは、ここに始まります。「Let’s Ondo again」「ナイアガラ音頭」などこのユニークでかっこいい曲は私が、大学に通っているころリリースされたものでした。当時はもちろんレコードで、このレコードを友人から借りてきて、何本にもテープに録音して、デープが絡まるほど聞いたものでした。カーステレオで、当時の彼女に聞かせて、注意を引こうとしたのも覚えていました。友人たち皆で、西伊豆に旅行に行くその車の中で、何度も何度も聞きまくっていたのも覚えています。

歌は、聞き返すとその当時の時代まで思い出させてくれるものです。不思議なものですね。
その彼女は今、素敵な奥様かな?(笑)

広告
標準

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中