日記

2006年を振り返り

皆様にとって今年はどのような年でしたでしょうか?
 
2006年はご声援等本当にありがとうございました。
私どもにとっては、皆様にこの歌を聞いていただき、ゆっくりではありましたが、知名度は少しずつ上がってきたかと思われます。
2005年クリスマスの時期に販売を開始して以来、ジャカルタ「パパイヤ」様での連日の店内放送からの反響より、販売枚数も増えましたし、
このCDを置いてくださるお店も、増えてまいりましたし、その他、店内放送に使っていただいているお店(日本食レストラン)もあると聞きます。
  1. 日イ友好紅白歌合戦へのオープニングでの出演、
  2. 国際放送NHKラジオでの出演、
  3. 東京ラグラグ会でのお披露目
  4. ジャカルタラグラグ会でのダンドゥットバージョンお披露目
  5. JCCチャリティーバザールでのお披露目   などなど
また、話題としては、映画「Naga bonar Jadi Dua」や、ミニアルバム「ジャカルタ音頭」CD発売(マンガドゥアでの珍事含み)など
でしたね。
 
さて、来年はどうなるでしょうか?
今年の経験を生かし、さらなる発展へと向かってまいります。
とにかく、私どもは、歌を通して、日イ友好のために活動してまいります。
2006年と同様に、2007年もなにとぞ、ご声援をよろしくお願いいたします。(H2)
 
 
標準
日記

2006年ラグラグ会忘年会

とうとう年末、好例のラグラグ忘年会の時期になりました。
これは12月16日(土)でした。
 
我々「ProjktH2」は、ラグラグ会という「インドネシア様々な歌」<古い歌jから新しい歌まで>を自由に歌いましょうという会にも所属しています。
創設以来、あと数年で30年にもなる会です。
インドネシアのジャカルタを本部として、その他インドネシアの数箇所、あるいは、日本でも数箇所で、日本に帰ったメンバーが、未だに積極的に活動している、とても珍しい会である。
日イ交流のためあるいは、それぞれの会員が、インドネシアの歌を楽しんでいます。
 
ジャカルタの唯一の日本人向け新聞である「ジャカルタ新聞」に毎年、取材してもらっていまして、今年もその例外ではなく、
我々の記事「ジャカルタ音頭ダンドゥット」についても書いてもらいました。
 
さらに、同じようにジャカルタに居る日本人が、作る趣味の会がその会員を減らしていく中、この会もその例外ではありませんでした。
でも、今年の忘年会では新メンバーが、積極的に活動して、その顔ぶれがめだったようです。
とてもうれしい限りです。もし、興味がある方がいらしたら、いつでもWelcomeです。
 
 
標準
日記

レコーディング、ダンドゥットバージョン

ジャカルタ音頭ダンドゥットバージョン、いよいよ、ボーカル録音開始です。
 
12月16日(土)、午前10時入りのいつもの「スタジオ15」にて、はるばる日本から着ました、H1と友人で開始でした。
 
写真は、
H1がピアノを弾いてリラックスしている模様。
レコーディングに参加してくれた、お友達たちの実際のレコーディング風景。
ProjktH2の2人のみの写真です。時間は押していましたが、とても面白い内容になりました。
 
何せダンドゥットですから、腰の振りが大事ですよね。僕はできませんが。それと庶民の中から出てきた音楽ですから、庶民性をどのように出すかなど
いろいろ考えて、今回はトライしました。最終的には、どのようなできになるか、お楽しみにしてください。まずは、一報ということでした。
標準
日記

ジャカルタクリスマス

さてもうすぐ、クリスマスですね。今年のジャカルタのクリスマスどんなものになるかな?
アルバム「Jakarta Ondo」内に収められている、ジャカルタクリスマスの歌詞を、今回公開します。
実際の歌は、CDを買ってね。

 1.誰かの誘いにつられ、コンパンの席で、気兼ねをせずに交わす、言葉になぜか?
  もう若くはないけれど、もしやドキドキ、また会いたいような笑顔が自然素敵さ。

  なかなか抜け出せぬスランプ・マチェット どこかに逃げたくて、
  君と2人だけならどんなにいいかと、秘かに憧れ、夢見てた

 ◆これからさ、夜のひと時、天使が舞い降りるよ 
 近くまで傍にきてもっと、見せ付けてやれ
 引き寄せた恋のジャカルタ、神に感謝しようよ
 そうさ、もう My Sugar baby this Christmas Song for you.

 2.君が好きなチーズケーキ、僕はショートで、待ち合わせならモールあの店の奥で
 そろそろ契約任期終了真近、溜め息が辛くて、

 励ましたいけれど、言葉が見つからずに、無力を感じてる次第さ

 さよならさ、夢を覚めずに、天使よ邪魔しないで、
 近くまで傍に来てもっと、抱き寄せるから、
 鈴も鳴る、街のジャカルタ、雨は強く打ちつけ
 何か残しておきたい、 This Christmas song for you

標準