日記

撮影裏話「Nababonarjadi2」

皆さんご存知でしょうか?もちろんご存知ではないでしょうが、
例の映画「ナガボナールJadi2」は、ジャカルタ新聞によれば、バンドン市の映画祭で、6部門で、各賞を受賞したというではありませんか。
撮影現場にいた僕にとっては、とても不思議な感じがします。もちろん俳優の鈴木さんとも、話をしていましたが、日本人が出演した中で、
いつも3人がまとまって、出演していますが、場面が変わるごとに、ミーティング場面で中央に座るBoss役である方が、代わってしまっているのです。
映画のストーリー制を考えれば、変ですね。つじつまを合わせようとすれば、間違ってはいませんが、
日本からインドネシアのリゾート地買いに来た日本人の我々3人のBossである人間が、場面が変わるとと代わってしまっているわけです。
ですから、登場人物の日本人は4人居るわけです。本来ならば3人でよかったわけですが、ここだけの話ですが、鈴木さんと私は、撮影日2日間とも
撮影に参加しましたが、もう1人の方が、参加できずに、急遽違う人を呼んで、撮影を進めたという、経緯があります。撮影の裏話です。
 
それと、この映画の専門サイトがありました。出来栄えは、横に置いておいて、まずは、ご覧ください。
広告
標準

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中