日記

ジャカルタのある高校でのパフォーマンス

5月5日(土)、ちょうど日本で言えば、子供の日ですね。ジャカルタのある高校へ、お呼ばれで、日本の歌を歌いに招かれました。
日本語を教えているインドネシアのDondyさんという方からのリクエストでした。
彼とは下にも投稿しています、JCCの記念パーティで始めてお目にかかりました。
当時歌いましたジャカルタ音頭をすごく気に入ってもらったようで、彼のクラスの特別授業で是非、歌ってほしいという話でした。
話を聞いていくと、彼も歌が上手く、私と一緒に歌いたがっていました。
彼が言うには、この歌を是非、自分の生徒にも紹介したいということでした。
また後日1週間後ぐらいに再会した際に、このジャカルタ音頭は、彼のクラスでも、気に入った生徒がいっぱい居たということでした。
 
てなわけで、あさ7時にお迎えでした。
実際のPerformanceは、朝の8時30分、どんな音響システムがあるのか不安でしたが、やはり音響的には、よくなくて、生徒さんたちには、自分の声が行き届かなかったようで、すこし残念でした。
でも、Openingで「PelangiDiMatamu」を歌った瞬間、彼らがの反響はものすごいものでした。
「ウォー」という声に、両手を上げて、右左に振るような仕草など、Dondyさんもびっくりでした。
やはりステージは、つかみが大切と思っていましたので、びっくりさせようと思い、見事に成功しました。
また、びっくりしたのは、ジャカルタ音頭も皆で一緒に歌うことになり、彼らを見ていたら、歌えるではありませんか、Dondyさんが既に紹介してあったとは言え、歌詞カードを見ながら、歌っているいます。これは感激と感動の両方でした。
またこのパフォーマンスの中で、2人をステージに上げて、歌ってもらったら、これがまたすごい。
特に下の写真の2人組みは、しっかり歌えるではありませんか?これまた、びっくり。この歌の力はすごい、と再度感動しました。
広告
標準

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中