日記

Ponorogo FM局「ロマンサ」

ロマンサFM、Ponorogo Vol.1

先週の水曜の午後5時にGanbil駅を出てから、車中で1泊、次の日曜の朝にGambilに帰る予定で、このJawaTimurのPonorogo(ジャカルタから見ればスラバヤの少し西に位置する)に、のFM局「RomansaFM」という局に行ってきました。
そこに「JakartaOndo」アルバムのプロモーションと休暇を兼ねて、行ってきました。
とても温かい人たちばかりで、土曜の夜に帰るときには、もう帰りたくないぐらいまで、とても親身に、優しくしていただきました。

数回に分けて、ご紹介したく思います。

1つ、ここでこの地方に特有のお話を聞きましたので、ご紹介します。
この地方から出稼ぎで、マレーシアやタイ、あるいは日本に行って帰ってきた人たちが自分の家を立てられる。
日本で貯金をしてそのお金を元にして、家を立てているという話です。
ここの物価がどの程度か、聞いてみたところ、1年間新しくはない家を借りるとすると、年間で500.000Rpでいいというのです。
ジャカルタ近くの工業団地がたくさんあるチカラン地方で、年間9.000.000Rp、またジャカルタでは、やはり10.000.000Rp以上は最低はするでしょう。
もちろんさまざまでロケーションにもよりますが。

   

広告
標準

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中