日記

4つの映画祭で各賞を受賞

 

さて、本当にこれで最後になる、、映画「Nagabonar Jadi 2」の話題でしょう。昨日突然、鈴木さんから夜中に電話があり、今年の映画祭の各賞を受賞したので、そのお祝いに、関係者を集め、昼食会を開くというので、11時半に行きました。すると写真のプロデューサが、僕らを迎えてくれました。


また、後でわかるのですが、このお母さんがどうやら、力があるようである。
でも理由が今でもわからない。彼女の発言が、プロデューサみたいな発言であったである。

昼食会も、一通りみんなが食事が終わったころ、上記のようにプロヂューサの司会でこの会は始るのである。

さらに監督のミズワールからのスタッフみんなへのお礼の挨拶がありました。

このバトンを引き取り、主演男優賞と主演女優賞を取った二人が、司会をするのです。

そして、裏方のMakeupやサウンド、また僕らみたいな、脇役を前に呼び出して、一言づつ挨拶をもらっておりました。
日本人は、鈴木さんと僕が参加しておりましたので、エピソードを一言づつ話しました。
彼は、サリナデパートで映画のDVDを買おうとしたときに、お店に人に「え?」と映画に出ていた人と言われて、買うのをやめたという話
僕は、住んでいるアパートの警備員が、いつの間に映画のことを知っていて、僕に尋ねて来て、はじめは違うと、言っていたが、テレビでも見たと言われ、あきれめて、認めたという話でした。

また、FFJの映画祭の時に、大統領がきて、この映画について、冗句を交えたコメントを残し、このように、民間の映画祭に大統領が来るのも初めてだったそうである。たぶん、副大統領も、ある映画館を貸切、この映画を見たいたし、大統領もこの映画を見て、とても褒めていたというエピソードもあるくらいだったから。この話も真実味がありそうである。

また、この監督がとても、尊敬できると思ったことがありました。
それは、鈴木さんには、また機会があったら、一緒に映画をやろうと声をかけていたし、
僕には、ロケの最中に渡した、ジャカルタ音頭CDを今でも、聴いているという話をしていたことである。
やはり、輝いている人は、違うと思いました。

会が終わるときに、バスの運転手役と警察官役をやった彼らと、別れる時に「Berikut-nya」とあいさつを交わしました。
ちなみに、ここで初めてこの意味がわかりました。

広告
標準

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中