日記

The Birthday for Romansa FM Station 

さて、一晩開けて、当日の午後となりもうした。
リハーサルをやることになりますが、やはりそこはインドネシア、OnTimeでは、ことは決して進みません。
最悪なのは、歌おうとするキーが違っていたということです。
オリジナルはC, でも予定はFのはず、まったく違うでしょう。相方の彼女も初めて知る有様です。
おまけに、当日来ていたシャツが、現場で釘にひっかかり、破けてしまう有様。とほほ、、、

 

 

本番では、チラシのように、Hiphopあり、Rock’nRollあり,ClubDJあり、そのすべてをジャカルタから呼んでいました。
今売り込みはじめたグループ「CannonBall」というグループ、ジョグジャから移動してきたとか、明日はSurabayaだとか、、
まあ、とにかく久々に、体全体で、頭から足のすま先まで、ドラムやベースの音を感じることができました。
室内のクラブとかディスコとはまた、違った心地よさでした。
野外のライブいいですよね。

そして、翌朝11時ごろに、ブランチをワルンで食べていると、隣に居たラジオ曲のスタッフからで、今,僕らの歌を流しているけど、ラジオないかということで、携帯MP3で、慌てて聞きました。
「ジャカルタ音頭」と「Together日本語バージョン」が流れていました。
後から聞きましたが、ジャカルタ音頭が、Lucu であると、このようなリズムがインドネシアの若い人たちには、そのように聞こえるようですね。
やはり、自分の歌がたくさんの人たちに聞いてもらって、楽しんでもらえるというのは、たまりませんね。

いっしょに歌った御相手の方、高校生だそうですよ。でも歌は上手かったよ。

最後におまけの写真

広告
標準

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中