日記

ジャカルタ音頭ビデオクリップ編集開始

さて、ここに来て、さまざまな動きが出てきました。最近出会った友人情報も含めて、ご紹介します。

新しい友人(Mr.Denny)との出会い(Bassist)であったり、またその友達が、スランク(Slank)というインドネシアの有名バンドメンバーの家族の1人で、ビデオクリップ作成ができるという話がでてきました。ジャカルタ音頭ビデオクリップの完成も夢ではなくなってきました。

実は、ジャカルタ音頭のカラオケビデオ制作という話が、ジャカルタ音頭発売以来、ありまして、実は数年前に、相棒の服部氏がまだジャカルタにいる時に、撮影もいたした。ところが、さまざまな事情があり、撮影がすべて終了しませんでした。そこで、どうしようかということで、止まっておりました。そして、数か月前に撮影してくれた、俳優でもある、鈴木さんに、そのデータをもらえないかと、話をしていたところでした。そこで、偶然にもミュージシャンでもある、新しい友人「Denny」さんという人と出会うことができ、このSlank関係の友達に話が通ったと言うことです。

彼を少し、ご紹介すると彼は、日本に15年以上も住んでいて、日本語の難しい言葉もわかるし、とても面白いのは、彼は、去年の秋ごろ、ジャカルタに戻ってきたそうですが、この国のアンダーマネーのことが、とても気に入らないらしく、日本の習慣が肌にしみているようでした。
また彼は、ベースをはじめ、ギターも弾けて、日本では、仕事をしながらですが、六本木や渋谷、恵比寿などのライブハウスで、プレイしていたそうです。

その模様もYoutubeに上がっていました。外国人を相手にした場所でやっていただけあって、これがまた上手い。そこで先日2週間前、会うことになり、音楽の趣味も同じようだということもわかり、ぜひバンドやろうというこのにもなりました。

また、それと先日聞いたのですが、彼の経歴の中で、面白いことを聞きましたので、お知らせしますが、

以前このブログでもご紹介しました、「上田正樹とレザ」というシンガーの組み合わせで、Duetで「Biar menjadi kenanga」という曲がインドネシアで発売され、大ヒットしました。レザという彼女もハスキーな声で、インドネシアの歌謡界では有名な人です。

この上田正樹さんも、きっと日本でこの曲をアルバムかシングルで発売するであろうと、探していたことがありました。
数日探した後に、曲名は忘れましたが、日本語で歌っていたようでした。長くなりましたが、その日本語訳を彼がやったというのです。印税も入ったのかと聞くと、クレジットに小さく名前が入っただけで、ないということでした。でもそれはないと彼にもいましたが、あまり欲がなかったようで、それでよかったそうです。

PS…また、「ジャカルタ音頭」CDもジャカルタの日本食スーパーマーケット「パパイヤ」さんで売ってますので、ぜひ買って聞いてね。円筒形の壁にも、ポスターが貼ってあります。また、お店に行ったら、パパイア応援歌かかっています。これも作りましたよ。ジャカルタ音頭もお店で、時々流れていますよ。

広告
標準

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中