日記

今チャゲ&飛鳥

先日、彼らが解散するという話がでましたね。彼らからどれだけの刺激や宝物をもらったかわかりやしない。
そんな彼らは、絶対解散してほしくないというのは、ファンとしては、言えます。
彼らからまだまだ、いろんな刺激や宝物を、サプライズももらいたいからだ。
でもどうだろう、彼らは、彼らの好き勝手やってきた、そんな中から、すばらしいもものを僕らに、届けてくれていたのではないか?
だとしたら、彼らの好きなようにさせてあげるべきではないか?その方が、また僕らにとってもいいのでは。
どんな形かわからないが、また人の前に出てきたときに、また僕らのびっくりするようなプレゼントを必ずくれるはずだから。

15年ぐらい前だと思うのだけれど、マレーシアに居た時がありましたが、そのときに、今思えば、「安全地帯」や「チャゲ&飛鳥」の歌が、日本食レストランを中心に、よく流れていた気がしますが、
このビデオ見て、やっとわかりました。コンピュータやインターネットがまだない時代で、香港、マレーシア、シンガポールの人たちは、僕らの国のアーティストを受け入れ、コピーバンドさえもあったのでした。
たぶん中国人たちだと思いますが、彼らは日本の音楽を愛してくれていたのです。
でもどうでしょう。
これを今に置き換えたときに、やはり、Jpops&Jrockではないでしょうか?
時代はもっともっと早く過ぎています。日本で流行っている歌が、このインドネシアでさえも、インターネットを使い、すぐに伝わります。
こんなことを考えていて、また思います。僕ら、日本人が作り上げた歴史、ここで言えば日本の音楽のよさをもっともっと、強く深く、このインドネシアで伝えて、彼らに喜んでもらえないかと。
 

広告
標準