日記

Cover “cinta ini membunuhku” 2.000回 アクセス

Cinta ini membunuhku
D’Masivとうインドネシアのバンドの大ヒット曲のカバー

Youtubeにカバーして、歌っていました。嬉しいことに、マレーシアやインドネシアの国を中心にアクセスがたくさん有り、現在まで2.000回を超えました。

今、このように、カバーをたくさん歌ってみたり、自分のオリジナル曲も、レコーディングしてみたり、どこかの場所に、招待されて、歌ってみたりしてみて、わかるのですが、外国語、インドネシア語、また英語も含めてですが、

現地の人たちとコミュニケーションを取るのに、大事なのは、成りきって話をすること、何気ない会話の仕方では、伝わらないということではないかということが、わかります。

もちろん歌は。よく考えてみれば、わかるのですが、言いたいことがあれば、真剣に伝えようとする態度、声の調子などなどが大切だと言うことですね。日本語も同じでしたね。

所詮話しても、伝わらないからとか、どうせ理解してもらえないからとかが、はじめから有って話を始めれば、伝わることも伝わりません。人とのコミュニケーションに、疲れてくると、このことを忘れてしまいますね。
せっかく話をするのなら、わかってもらいたいですよね。

そこから、改めて、学んだのは、間違って学習してしまっていないかということ。
それは、初めて会う人でも、いつの間にか、自分流に話をしてしまい、話すことで、満足してしまい、伝えなければ、分かってもらいたいという、情熱が時々なくなってしまっていないかということでした。

表現をする。
する以上は、伝えるまで、伝わるであろうまで、努力する。
そうすれば、目の前の人では、無理かもしれないが、いつかそれを理解、分かってくれる人が、きっと現れる。

またそれを信じて、表現し続けることが、大切なのではないのかと考えます。
コニュニケーションをすることの大切さを、改めて考えてみることのきっかけを、与えた歌の1つでもあると思います。

  

広告
標準

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中