日記

ジャカルタのFM局に出演(ジャカルタで聞けます)

昨晩11月22日(日)にジャカルタのFM放送局の「MD93.2」出演してきました。夜の7時ごろに入って1時間程度の打合せ。放送禁止用語の話や、話の進め方などなどを確認してからでした。日本と同様に、下品な言葉や、商品名は出さないように言われました。彼らは、とても若く、まだ20代のDJやプロデューサ。
昨晩の話題は、今インドネシア人も日本にさまざまな職業で行くようになっていますが、どうして、どのような理由でぼくら(俳優の鈴木さんと僕)がインドネシアに着たのかを中心に聞かれました。鈴木さんは、学生の身分で、インドネシアに来て、演劇部に入り、勉強しながら、俳優やカメラマンの仕事などをしてきて、今では、6本のインドネシアの映画に出たりだとか、TVにはコマーシャルを含めれば、たくさん出ているということでした。僕は、僕でコンピュータ仕事をするためにやってきたなどとDJやリスナーと一緒に、楽しく笑いながら、ちょっとビールを飲みながら、超盛り上がりながら楽しませてもらいました。
さらに、僕がYoutubeにアップロードしている、インドネシアのロックを日本語で歌っているこのビデオクリップに興味を持ったみたいで、生でこの歌を2曲「Biarlah/Kau curi lagi」を歌ってきました。生放送の終了後の写真をUpしてみます。

広告
標準
日記

ジャカルタ日本祭り2009の模様がインドネシアのTVで

ジャカルタ日本祭り2009の模様がインドネシアのTVで流れていました。
その最後に、ジャカルタ音頭の作詞家でもある、服部氏が、「ありがとうございました」と言って、この番組が終わっていました。
このジャカルタ音頭を使っての、盆踊りは、確かに盛り上がっていましたよ。

 

標準