未分類

「ジャカルタ音頭」ダンドゥットバージョンを作ってみて…

「ジャカルタ音頭」ダンドゥットバージョンを作って見て..今思うことがあります。
ダンドゥットには、ほとんど精通していない我々「Projkt-H2」が自称「ダンドゥットバージョン」を作っていて、はじめは、たいしたものはできないかもと、思っていなかった訳ではありません。
皆さん「インドネシア人にも」喜んでもらえる、ものができるか、不安でした。正直。なぜなら、畑違いを感じていたからです。

でもレコーディングを終え、ネット介して皆さんにご紹介して、その反応を見せていただいて、やろうとしたことは間違いなかった。インドネシア人のミュージシャンにアドバイスを受けながら、我々のポリシーである、喜んでもらうことを忘れずに、妥協しなかったことが、今の所良い評判をいただいている理由だろうと思っています。

ジャカルタ音頭ダンドゥット

このレコーディングは、実は本物(オリジナルバージョン)が出来上がってから2年ほどで、思い付きではじめた、さらなる「プロジェクト」だったからです。ボーカルトラックのレコーディング中も、模索模索の連続でした。しかも、時間も十分にない状態で、中途で終了してしまっていました。どこか心残りで。その後。どうしようと?

でも、しばらくしてから….

ある思い付きで、昔のテークを聞き直しましたが、益々、何か遠いように思えてしまいました。

それでも、考え続けていたある日、今回の「DJ高野さん」の話を思いだしていました。

彼が一昨年、ジャカルタに来られた時、1つ約束をしてくれていたことを。「ファンコット」バージョンにしてくれるということでした。

そこで、気を取り直し、なるべく元音は活かして、再レコーディングするところもたくさん出てくるはずだと覚悟と思いきりで、まずは、いつものスタジオに入り、集中しました。

するとどうでしょう。以前も紹介した、キヌィ君が、いろんなアイデアを出してくれるではないですか?彼のアドバイスもあり、道が開けてきました。意外性の連続で!結果的にはじめの予定の2倍以上の時間がかかりましたが、出来上がりました。アルバムに、CDにするには、ほんの一部変更が必要ですが。皆さんに聴いていただけるものとなりました。

そこでまたわかったことは、自分を信じる、小さなことはどうでもいい。と、目標に向かい考え続け、必ず形にすることだと。その家庭で新しい道が見えてくると!

つづく

広告
標準

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中