未分類

Dangdut versionを作った訳は!

Dangdut versionを作った訳?!

お陰さまでインドネシアに住む日本人の方には、スーパーマーケットやレストランでこの歌「ジャカルタ音頭」を流していただき、人に知られることとなりました。また、NHKの「J-melo」でも何度も紹介していただいたので、インドネシア以外の海外に住む日本人にも知っていただくこととなりました。

そこで、インドネシアの人たちにもっとたくさん知ってもらうために、興味を持ってもらうためには、どうしたらいいだろうと考えました?

そこでこれしかないだろうということで、オリジナルはを発表後に、3年後にレコーディングは行われていたのですが、この2012年のこのタイミングで発表することといたしました。レコーディングなどの細かいことは、以前にブログでご紹介させていただいていますので、ここでは控えさせていただきますが。

嬉しいことにNSP(RingbackTone)も発売ということとなりました。プロモーションを打つのであればこのタイミングしかないと、ポスターやEmailなどでインドネシアの人たちにはアプローチをかけているところです。

また良い機会なので、心に暖めていた夢を発表させていただくことにします。
実は、ほんの一部の人にしか打ち明けていませんでしたが。

どうせやるなら大きく、

NHk紅白歌合戦に出たい

と思いました。具体的な目標を持ってみたいとも思いました。それは、2014あるいは2015年の年末。

この日のために、歌を発表後、さまざまなことをやって来ましたし、これからも全身全霊で励んでいきます!

I want you to be happy.というこの私の想いが達成されるとすれば、その過程の中で、同時にこの思いも叶うものとなるでしょう!
頑張ります!
またダンドィット歌手を目指している友人もいますが、応援しています。
いろいろご批判もあるとは思いますが宣言してしまいます。
広告
標準

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中