未分類

音楽CD「ジャカルタ音頭」がSold Out!

2005年に発売以来、皆様に愛されたこの、インディーズでの発売でしたが、売り切れました。

インドネシアでは、ジャカルタの日本人コミュニティが集まる場所に、置かせていただきました。
また、日本では、通信販売で販売しておりましたが、ついに、完売です!

本当に、本当にありがとうございました。

では、今後どうするか?ですね。

それは、今レコーディングの再開を予定。4月からスタジオに入ります。

お楽しみに!

注意してください。現在でも、インドネシアのジャカルタの日本食スーパーの「パパイヤ」様には、在庫がいくらか残っていると思われます。

皆様、これがなくなると、終りです。但し、これに伴い、ジャカルタ音頭DangdutMixのシングルCDを付録でお付けしていますので、お楽しみにしてくださいね。

広告
標準
音楽

最近のYoutubeの「アナリティクス」Kazu

Youtubeの「アナリティクス」をご存知ですか?
僕も、このYoutubeにアップするようになって、わかってきたのですが、自分がアップした動画が、どのように見られているのかが、解析してくれる場所です。

そこで、前からわかってはいたのですが、一番見てくれる国のトップ3は、以下のようです。
1.インドネシア
2.日本
3.マレーシア

また、一番見れくれる動画は、断然「Aishiteru Bahasa jepang」ですね。やはり、オリジナルの「Aishiteru」が強いのでしょうか?
この傾向は、ずっとこの2年間ぐらい続いています。

さらに、最近のことですが、僕が「J-Rocks」を応援するようになってから、「J-Rocks」のカバーの順位が、上がってきました。
以前は、「Kau Curi Lagi」

が一番でしたが、今は、なぜか

「Cobalah Kau Mengrti」

さらにさらに、この1ヶ月のアクセス回数は、2883回、推定再生時間は、4174分だそうです。
さて、これは、多いのか少ないのか?

でもこのようにYoutubeができてから、自分の音楽が、どのように見られているのかが、わかるのが愉しいですね。

Kazu

標準
音楽

見つかった新曲のニューアレンジ

そうゆうわけで、やっとEmailが届きました。
そして、びっくり、例の新曲のアレンジが変わっていました。

でも、詩を入れる場所は、変わらないようでしたので、一安心でした。
そこで、最後の最後の詩のチェックをして、レコーディングの日を待ちました。

これまた、日が合わないとまずいと思いながら、マネージャとのSMSのやり取りをしながら、日程を合わすことができました。

このXデイに、スタジオに行くとまた、さらに変わっているという、サプライズの連続!

今はまだ、アルバムが発売していないので、言えませんが、単なる日本語のロックになっているわけではなかったのです。
このバージョンは、初めのアレンジよりもさらに、面白いものに仕上がっていました。

j-rocks-recording-part2

やはり、インドネシア人、日本語を母国語にしていないから、イントネーションが壁になりましたが、それでもこのボーカリスト「Iman」は、アーティストであると実感する瞬間でもありました。

この日の彼の体調は、あまりよくなかったですが、それが、幸いしたようなレコーディングでしたが、詳細は現在は、言えませんが。

ということで、見事にこの歌のレコーディングは終了したようでした。

この題材は、この辺で終了いたします。レコーディングが終了して、アルバムが発売される時に、秘密にせざるを得なかったことを、明らかにすることができると思います。

Kazu

標準
未分類

居眠りをしていたカフェで、携帯に電話が鳴った…

J-rocks-new

そうなのです。
ジャカルタのあるモールでコーヒーを飲んでいて、ちょっとうとうとしていた時に、電話がなりました。

彼、J-Rocksのヴォーカリストの「Iman」からでした。

「はい、Mr.Kazu、元気かい?今電話大丈夫かい?…….」で始まりました。

歌の翻訳をまた、お願いできるかい?という話でした。

やったこれまた、2曲目の依頼だ!チャンス!と思いました。また、歌と歌詞がが送られてくることとなりました。

インドネシアですね。5日間ぐらいしても、届かないものだから、催促したら、今探しているという???

どうゆう意味だ?今レコーディングしている最中のはずだが?

後からわかったのですが、彼らは、現在レコーディングをしながら、インドネシア各地をコンサート回りしています。

日本ミュージシャンが、ツアーにでる、という感じではなく。

レコーディングがあるせいなのか、単発でライブの依頼を受けながら、レコーディングという具合でした。

つづく。

標準