未分類

J-Rocksは、コンテストで、出てきたバンドでした!

ここで、これらを少し紹介しておきましょう。
先日、メンバーの一人BassのWimaに聞いてみた。
Vocal&guitarのImanとBassのWima彼は、高校の時の友人で。バンドをやりたがっていた。でもドラムスとギターを探していた。
その時、どうやらドラムのAntonと調度出会いがあった。。さらに、Antonの友人のGuitarのSonyと出会い。J-Rocksができた。
彼らは、もともとラルクのファンであった。目指すは、やはりそこだった。
また、デビューの頃は、彼らのファンも喜ぶので、ラルクの歌をイベントやコンサートの時は、演奏していたそうです。
でもどうでしょう。ラルクがここまでBigになるとは、思っていたでしょうか?
2012年のラルクのジャカルタ公演はやはり、見に行ったそうである。

また、彼らがデビューするきっかけを聞いてみました。
ネスカフェが主催して、ローカルテレビ局「Trans」と「Aquarius」レコード会社が組んだ、4大都市で行われた、コンテストだそうです。

j-rocks-aquarius-album
jogja,jakarta,bandung,surabaya.の各地から2つバンドが選ばれ、最後に本選大会で1つが選ばれるという、仕組みだったそうです。
それが2004年でした。
そこで、選ばれたのが、彼らであったそうです。3枚のアルバムを出せる契約ができたそうである。
そして、今年の今度のアルバムが最後の1枚だそうである。期待できます。
なぜなら、10年という時間が、成長させてくれました。
ヒット曲も次々に出し、Kau Curi Lagi, cobalah kau mengrti,Falling in love,Ya akuなどなど
時に、映画やテレビで彼らの歌は、使われてきました。
時には、長い間アルバムを出すこともできませんでした。
またあるときは、ビートルズが育ったアップルレコードでのレコーディングと色々経験しました。Falling in Love

さあ、新しいアルバムは、5月に発売予定です。楽しみですね。

標準
未分類

J-Rocks<ゴールデンウィークには、名古屋でコンサート!>

1.Iman (vocals/guitars)
twitter : http://twitter.com/imanine

2.Wima (bass)
twitter : http://twitter.com/wima_JROCKS

3.Sony (guitars)
twitter : http://twitter.com/sony_ismail

4.Anton (drums)
twitter : http://twitter.com/Anton_kelces

Facebook:https://www.facebook.com/jrocks.official

Website-http://j-rocks.co.id

Twitter:https://twitter.com/JROCKS1spirit

ImanとWimaは高校の同級生
SonyとAntonも同じ高校らしい。
彼らは、日本のロックスーパースター「ラルクエンシェル」の大ファンで、ロックグループを結成した!

ゴールデンウィークには、名古屋でコンサートも予定!今注目のアーティストですよ!

標準
未分類

彼らも尊敬するアーティストだった!パート2

さて、スタジオに到着しましたが。そこで、このビックリするような、意見交換というか、彼(ボーカリストでもあり、作詞担当でもある)の質問というか、お互いの歌への考え方について、語り合いました。
今回の歌は、できればuniversalなコンセプトでいきたいと。
言語は違うけど、食べるものも、習慣も違うけど、ひとつの真実はあるよね。というものでした。

また、歌が生まれてくるときは、上から、まるで神様が与えてくれたような、その瞬間にできるものだとも。彼の話を先に書くとすれば。自分の体を通り、コンセプトや言葉が出てくるんだと。
それに、忠実に表現したいというのです。パフォーマンスとは、まさに、それそのものであると。

考えれば、彼らは、いわゆるセレブのお金持ちの子供たちでは、ないようです。自分の表現活動に、とても真剣に悩み、悔しがり、自分自身に忠実であろうとしています。
だからかもしれませんが。
CDを発表するレーベルについてもはなしていました。
アクアリウスというレーベルとは、3枚のアルバムを発表する契約をしてあるそうですが。この契約も今回が最終のアルバムとなるようですが。どうやらまだ、次の契約はまだのようです。
ここで、焦っていない。これがマイペースで。
インターナショナルのレーベルからの誘いも確かに、あったようです。アントンによれば。
日本のレーベルを考えた時に、よく聞く話があります。ヒット出さないといけない。だからどうしようと、プロデゥーサーからの指示で、こうした、ああしたと。
j-rocks-aquarius-16-april
つづく

標準
未分類

彼らも尊敬するアーティストだった!パート1

J-Rocksというバンドが、インドネシアには居ます。このブログを読んでいただいている方なら、ご存知だと思います。
彼らは、約10年前に、インドネシアでデビューしました。Aquariusというレコード会社より。

それは、2005年に、僕らが「ジャカルタ音頭」のレコーディングをしている時に、スタジオにいるオペレーターから、聞いた時から、その名を忘れませんでした。
名前にしても、日本語での歌もアルバムに入っているなど。

デビュー当時の話を、丁度昨日(4月15日)タクシーの中でドラムスの「アント」から聞きました。その頃は、学園祭やイベントに行っては、オリジナルを演奏するのですが、まったく受けない。でも彼らも好きな、ラルクの歌をカバーすると、ステージの前に集まってきてくれたと。

やはり、悲しかったそうです。でも彼らは根っからの、ポジティブ、あるいは別に気にしていなかったのか、もう10年がたってしまったようです。

彼らのマネージャから、用事(まだ言えませんが)があるからということで、ジャカルタの市内スナヤンシティー「Senayan City」に呼び出されました。
そこでは、タバコ会社が宣伝のために行われる、インドネシア国内を回るロックコンサートの記者会見兼ミニコンサートでした。

A Mild Soundrenaline 2013の写真を編集中の担当者

A Mild Soundrenaline

Mild-Soundrenaline

話によると、J-Rocksもそのイベントに参加するようで、メンバーの一人のドラムスの「Anto」も着ていました。
そこからスタジオへの移動中に、いろんな話を聞いてみたのが、上の内容でした。
パート2は、次回に

標準
未分類

2013「Sakura Matsuri」Lippo Cikara リッポーチカラン

2013年のサクラ祭りに行ってきました。4月6日
Facebookを観てもらえている人は、ご存知かもしれませんが、https://www.facebook.com/kazu.jakarta

anak2-gabaru

実は、去年もお呼ばれしましたので、歌ったのですが。
去年と違うのは、去年一緒に歌った「Laskar Pelangi」を、今年は、4月6日に一人で歌いました。
また、4月7日の2日目は、その子供たちが、彼らだけで歌うというので、サポータで後ろで控えていました。

また、Aishiteruも去年同様に歌ったのですが、1番をインドネシア語で、2番以降を日本語にしてみました。
すると、マイクの声がわかるのですね、インドネシア語で歌い始めると、歓声が!!!

そして、日本語にするとまた、歓声が!!!

2度美味しい思いをしました。

ありがとうございます。会場に居たインドネシアの若者と少しの日本人の方々

そして、ステージでは、最後にジャカルタ音頭ダンドゥットミックスを、歌い始めると、やはり若者が喜び始め、舞台の上に上がるわ、下がるわ。
そりゃ大変なことになってしまって。

ジャカルタ音頭ダンドゥットミックス2012

自分も愉しんじゃえというわけで、自分は舞台から降りて歌ったり、入り混じって、面白いライブになりました。
そんなわけで、Youtubeに僕のインドネシアの歌をカバーしている曲があるよと伝えてきました。

すると、その日の真夜中に、一人の女の子が、そのビデオの1つにコメント書いてきてくれて、「Terima kasih cinta」のカバーがとてもいいと書いてくれていました。
これも、どれもいい思い出になります。

今年も愉しい思い出をありがとうございました。

標準