未分類

5000Rpで1曲(同時にマーケティングも考える)

「5000Rpで1曲」

この値段は、高いでしょうか?安いでしょうか?(これから先はちょっと独り言に近い感じで書いていきますので、聴いてやってください。)

また、あなたは、自分の好きなアーティストあるいは、とても気に入った曲を手に入れたいときには、お金を出すでしょうか?FacbookやTwitterで曲を知ったとき、もし、無料でダウンロードができる場所があれば、そこにアクセスするのでしょうね。

でも、仮にそこでダウンロードできても、アーティストは、喜んでくれるでしょうか?あなたの好きなアーティストの曲を、手に入れることができたのは、とてもうれしいことでしょうが、それによって、そのアーティストが、本当は手に入れることができる、お金(?)5000Rp程度ですが、手に入れることができない。

だとすると、あなたは、どのように思いますか?

自分はお金を使いたくないから、頭を使って、手に入れたから、得した!これでいいじゃん。

どうせアーティストなんかは、俺よりお金を持っているのだから、どうでもいいや。と思うのでしょうか?

でも、このようなことが、ずっと続いていったら、そのアーティストは、やる気を無くし、もう素敵な曲は作ってくれないかもしれない。

あの感動をくれた、あのアーティストは、歌を作るのを止めてしまうかもしれないとしたら、そのたった5000Rpを、払ってあげませんか?

これは、日本も同じでしょうけれど、まだ未成熟なインドネシアの音楽業界にとって、大切なことなのです。

日本のあなたの好きなアーティストの歌は、もう大好きな歌をあなたの国(インドネシア)に、送ってくれないかもしれません。

自分たちで、自分たちの好きなアーティストを応援してあげませんか?まるで、Jkt48 のように。

——————————————————

僕のアイデアです。

インドネシアもコンビニが増えてきた。そこで、プリペイドカード、30000Rpで、6曲ダウンロードできる。

コンビニにそのダウンロードできる機械を置く、ちいさなPCでいい。まるで、i-tuneストアーをコンビニで利用するように。

USBコードでつなぎ、自分のスマートフォンにダウンロードするという形を取る。

アルバムを買うかどうかは、まだ決められないけれど、まず1曲を聴いてみる、そのためにコンビニで、歌を買うという発送です。

だから、その音楽ファンは、必ず、コンビニへ行って買い物をするという人で、USBコードを使って曲をダウンロードできる携帯電話を持っていることが

前提ですが。

もし、私のファンであれば、どうかを考えます。また、どのように人に聞いてもらいたいかも、同時に考えますと。

たぶんこの条件の60%は、クリアーするのではないでしょうか?

なぜなら、僕の歌は、主にインターネットを普通に使う人たちで、いわゆる中流から上の人たちが、僕の歌を聴いてくれているからです。

すいません。まるでメモのように、書きなぐりました。またね。hahahahaha….

広告
標準

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中