コンピュータとインターネット, 音楽

East Ventures、インドネシアのストリーミングミュージックサービス「Ohdio」に投資

このような話をネットで見つけた。

前回まで、2回にわたり、インドネシアの音楽業界のトータルな売り上げというか、どのくらいの規模があり、実現できているのか、気になって、先日まで、書いてみたが。

また、あるサイトを見ていたら、音楽の聴くときのメディアというものの変遷推移を見せてくれた、サイトを発見。

記憶に名違いがなけれが、初めは、やはりレコードを買って聞く、カセットに録音して聞く、ぐらいから始まっています。

そこで、音楽CDというものができてから、さらに携帯できるメディアやMp3の登場なので、徐々に変わって行く。

そして、なんと今は、音楽の聞く際に、どこでそれを手に入れているかと言えば、トータルの中で、その約半分が音楽CDそして、4割ぐらいが、この「音楽ストリーミングサービス」からとなっているではありませんか?

時代は、本当に変わりました。

僕らが、子供のころを考えると、インターネットもない、電話も黒電話のみ、そこには、電話と音楽が繋がるものは、何もなかった。

モノラルからステレオになり、そして、現在では、電話から好きな音楽が聴ける。もちろんそこまで行くには、テープ式のウォークマンの存在があり、メモリー式のウォークマンもあり、さまざまな過程があって、今にいたります。

前回書いた、曲を手に入れる方法もそうだし、これもとても期待を持って見て行きたいと思います。

Good Luck ! Indonesia Music

一部の記事内容を抜粋

East Ventures[1]が、ユーザへのシームレスなストリーミングミュージックの提供をうたうインドネシアのスタートアップ「Ohdio」に投資したとのニュースが入った。家、モバイル、インターネットカフェなどどこからでも、ブラウザを通してユーザの膨大な音楽ライブラリを提供することを目的としている。

同サービスは無料だが、インドネシアのユーザしか利用することができない。追加機能が付いたプレミアムサービスの提供も約束しているが、プレミアムサービスに関しての詳細は明らかになっていない。サービスが開始されたのは6月14日で、現在は招待制となっているが、同社ホームページ上で登録すれば利用可能だ。実際にどのようなサービスになるのかは予測できなかったが、サービス開始日が来て明らかになった。

詳細は、こちらから。http://jp.startup-dating.com/2012/06/east-ventures-invests-indonesian-streaming-music-service-ohdio

また、こちらも。http://jp.startup-dating.com/2012/06/ohdio-online-music

広告
標準

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中