未分類

「パパイヤの歌」応援歌の話。(再編集)

「パパイヤの歌」応援歌の話。(2016月9月14日)(再編集前の日付は2012年8月24日)

ジャカルタのブロックmにあるスーパーマーケットには、お店の歌が流れています。それがこの曲。とても緩い感じですが、「ジャカルタ音頭」を店内で長い間、流してくれているお礼に、作ったものです。もしかしたら、その他支店でも流れているかもしれませんが、

とても緩いか感じなので、お売りすることもできませんが、なかには、この歌を欲しがる方がいらっしゃるようです。お店の方からお聞きします。
それでは、ご興味のある方は、お聞きください。

またこのような、ブログも発見です。

お子さんが歌を覚えてしまったというお話。
リンク先は、公開いたしませんが、

ブログに書いていただき、ありがとうございました。

————————————————–

③ パパイヤの歌

ジャカルタ在住の方お馴染みの日本食スーパー“パパイヤ”。
ブミマス店の方ではかかってないと思うんだけど、ブロックMの店内では、パパイヤのオリジナルソングと、あと何故かスピードや小田和正などの懐かしい歌がひっきりなしにリピートされている

私はどちらかと言うと、距離的にブミマスの方を主に利用しているのだが、最近なんと娘が口ずさむようになったのである。

~いっつっもーのお買い物、パパーイヤフレッシュギャラリ~♪♪♪ と・・・。

何でー???最初に聞いた時は耳を疑ったけど、何度聞いてもやっぱりこの歌だ。いつの間に覚えたのかしらね~

ここから視聴できます。ご興味のある方はどうぞ。
https://soundcloud.com/kazu-jakarta/papaya-song-supermarket

ブログは既に引っ越ししていますよ。こちらで~す。
http://kazujakarta.blogspot.co.id/

————————————————–

標準
未分類

5000Rpで1曲(同時にマーケティングも考える)

「5000Rpで1曲」

この値段は、高いでしょうか?安いでしょうか?(これから先はちょっと独り言に近い感じで書いていきますので、聴いてやってください。)

また、あなたは、自分の好きなアーティストあるいは、とても気に入った曲を手に入れたいときには、お金を出すでしょうか?FacbookやTwitterで曲を知ったとき、もし、無料でダウンロードができる場所があれば、そこにアクセスするのでしょうね。

でも、仮にそこでダウンロードできても、アーティストは、喜んでくれるでしょうか?あなたの好きなアーティストの曲を、手に入れることができたのは、とてもうれしいことでしょうが、それによって、そのアーティストが、本当は手に入れることができる、お金(?)5000Rp程度ですが、手に入れることができない。

だとすると、あなたは、どのように思いますか?

自分はお金を使いたくないから、頭を使って、手に入れたから、得した!これでいいじゃん。

どうせアーティストなんかは、俺よりお金を持っているのだから、どうでもいいや。と思うのでしょうか?

でも、このようなことが、ずっと続いていったら、そのアーティストは、やる気を無くし、もう素敵な曲は作ってくれないかもしれない。

あの感動をくれた、あのアーティストは、歌を作るのを止めてしまうかもしれないとしたら、そのたった5000Rpを、払ってあげませんか?

これは、日本も同じでしょうけれど、まだ未成熟なインドネシアの音楽業界にとって、大切なことなのです。

日本のあなたの好きなアーティストの歌は、もう大好きな歌をあなたの国(インドネシア)に、送ってくれないかもしれません。

自分たちで、自分たちの好きなアーティストを応援してあげませんか?まるで、Jkt48 のように。

——————————————————

僕のアイデアです。

インドネシアもコンビニが増えてきた。そこで、プリペイドカード、30000Rpで、6曲ダウンロードできる。

コンビニにそのダウンロードできる機械を置く、ちいさなPCでいい。まるで、i-tuneストアーをコンビニで利用するように。

USBコードでつなぎ、自分のスマートフォンにダウンロードするという形を取る。

アルバムを買うかどうかは、まだ決められないけれど、まず1曲を聴いてみる、そのためにコンビニで、歌を買うという発送です。

だから、その音楽ファンは、必ず、コンビニへ行って買い物をするという人で、USBコードを使って曲をダウンロードできる携帯電話を持っていることが

前提ですが。

もし、私のファンであれば、どうかを考えます。また、どのように人に聞いてもらいたいかも、同時に考えますと。

たぶんこの条件の60%は、クリアーするのではないでしょうか?

なぜなら、僕の歌は、主にインターネットを普通に使う人たちで、いわゆる中流から上の人たちが、僕の歌を聴いてくれているからです。

すいません。まるでメモのように、書きなぐりました。またね。hahahahaha….

標準
未分類

映画タイトルが変わった?!LA TAHZAN [Jangan Bersedih]

LA TAHZAN [Jangan Bersedih]

昨日、インターネットを検索中、偶然発見!!!

「ORENJI」ではなく、この名前になりました。

レバラン明けに公開されるようです!関西でのロケもありましたから、日本人には、興味深々ですよ!

標準
未分類

未上映のインドネシアの映画:”Orenji”(再度動き出す)

インドネシアの映画:”Orenji”

この映画、以前このブログでも取り上げましたが、いろんな理由があったようで、放映までに、時間がかかったようです。

でも、彼らが今回言っていたのは、8月には上演できるのではないかということです。

この映画は、「関西で学ぶインドネシア人留学生が主人公」での、恋物語、もちろん日本語がたくさん出てきますから。

日本人もインドネシア語がわからなくても、わかる仕上がりになっています。

あ~、映画の紹介をしていて、忘れていましたが、私の役は、日本食料理屋のマスターでした。ぜんぜん似合ってない!シロートが見え見えか!?

oranji-filmindonesia-2

どうやら、また動き出しました。実は、昨日、再度の吹き替えが、ジャカルタのあるスタジオで行われました。

そこには、主役やその他脇役の役者が揃い、数日に渡り、せりふのあった人たちを呼んで、調整するようです。

そこで、今回主役の彼女「Atiqah Hasiholan」は、見ませんでしたが、一回目の吹き替えでは、お会いしていましてよ。

oranji-filmindonesia-3

久しぶりにあった、監督の「Danial Rifki.」や今回は、恋人役の「Joe Taslim」には、お会いしました。

oranji-filmindonesia

参考記事は、インドネシアのことを欠かせたら、すごい情報収集力の方です。

http://gadogado.exblog.jp/15036616/

Facebookは、こちら。https://www.facebook.com/OrenjiMovie

お楽しみ!

標準
未分類

Terima Kasih Cinta (Cover) dgn 1/2 bahasa jepang

Terima Kasih Cinta という、インドネシアで大ヒットした歌を、以前Youtubeで、歌の途中まで、日本語でカバーしましたが、今回全てを、カバーしようと思いました。

試してみました。

但し、インドネシア語も、もっともっと上達しなければならないので、半分はインドネシア語で、半分は日本語で

また、日本にいるインドネシアファンやファンになってもらえそうな人に向けて、インドネシアの歌で、こんなに素晴らしい歌があると、お伝えしたかったというのもありました。

今回は、Youtubeでは、なくて、映像ナシのサイトにアップいたしましたので、興味がある人は、どうぞ、お聞きください。

https://soundcloud.com/kazu-jakarta/terima-kasih-cinta-cover-dgn

標準
未分類

Samurai Blue

僕には、幸いにも、若い友達が居てくれる。だからいつも彼らには、励まされるし、励ましてあげる。
その中の1つの「Samurai Blue」というグループがいる。
彼らは、日本のアニメソングや日本のドラマの歌が好きである。

彼らとの縁は、実は、僕がYoutubeに、投稿するようになってからである。このYoutubeで、僕を見つけてくれた、「サテリオ」という,とてもイケ面の彼がいる。

Youtubeでのやり取りから、コラボへとなり、今は、お互い何かあれば、連絡も取り合っている。彼は、コスプレイヤーでもあり、歌も歌う。
若い女の子のファンも居る。イベントに行けば、必ず数名は居るというぐらい。マイナーではあるが。

まだまだあるが、この辺で紹介は、終わりにして、そんな彼らとまた、今年コラボをした。
ジャカルタのある場所で、学園祭というは「HARUMATURI」というイベントがあるというので、歌ってきました。1曲は、ジャカルタ音頭ダンドゥットMix、もう1曲は、「Terima Kasih Cinta」の日本語バージョンである。もちろん、両曲ともYoutubeに上がっているので、興味ある方は、、どうかご覧ください。
Terima Kasih Cintaの日本語バージョン
https://www.youtube.com/watch?v=UlmilCpsiVE
画像

さて、まだまだ、前進あるのみだ!

標準